FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元プロが…(中略)~特約編壱式~

 特約、それは付ければより一層充実した補償を得られるが、それ相応の保険料が必要です。
 ですが、どんな特約があるか知らなければ、どれを付ければ良いのか・どれを外せば良いのかすら分かりません。

 つ分けで、僭越ながら俺が説明をしますね~。

対物超過補償特約
 例えば、相手の車に衝突して、その車を修理するとします。
んで、修理代が80万円かかるとした時に、相手の自動車の車両価格(現在の車の価値)が50万円だった場合には、仮に対物補償の金額が1千万だろうが∞(無制限)だろうが50万円が限度額です。
 ですが、対物超過補償特約を付けていれば、その超過分も補償されます。


 これは、A8.netを利用したバナー広告です
 自動車保険の同時見積もりサイトの中でも類を見ないと思う 最大20社同時見積もりサービス。
 しかもここは、「代理店ではないので特定の保険をお勧めすることはありません」との事です。
 さらにH17 9/30までなら、無料見積もりのところが見積者全員に500円相当の商品券を進呈しています。
スポンサーサイト

自動車保険の項目の説明~第ニ回搭乗者の保険編~

 (起)さて、元損害保険の営業をしていた俺が語る自動車保険で今回は車内の人間の保険について話します。
 前回は、自分で自動車を運転している時に事故った場合、相手の身体に関するのは対人・相手の財物に関するものは対物というのをやりました。
 今説明した対人・対物では当然車内の人間(以下:搭乗者)に対しての保険ではないので、死のうが入院をしようが自動車保険からはお金は出ません


 (承)ですが、ご安心を。当然の如く搭乗者のための保険もきちんとあります。
それが、「人身障害保険」と「搭乗者保険」です。
 ややこしい事ですが、搭乗者の保険は2種類あります

 まず、「人身障害保険」ですが、搭乗者が事故により発生した「死亡時の慰謝料・入通院費・休業保障」などが、保険金額を限度に実費で支払われます。


    次に搭乗者保険ですが、これも搭乗者に事故により発生した「死亡時の慰謝料・入通院費」などが、保険金額を限度に定額で支払われます。

 (転?)2つの保険の大きな違いは人身障害は費用が実費で休業補償までしてくれるのに対して費用が定額でしはらわれる(休業補償は無し)となっています。

 ちなみに、保険会社によっては搭乗者の保険の範囲を契約した自動車の事故以外にも電車・バス・徒歩・自転車等の交通事故唐突に他人に殴られた!・階段で足を滑らせた!と言った偶然な事故が自分や家族の身に降りかかった場合に保障できる様に範囲を広げる事も出来ます。
 尚、自動車保険で人身と搭乗者の両方の保険を付ける事も出来ます。

 (結)まぁ俺個人としては人身の単独でやることをオススメします。

 これは、A8.net を利用したバナー広告です
自動車保険の同時見積もりサイトの中でも類を見ないと思う最大20社同時見積もりサービス。
しかもここは、「代理店ではないので特定の保険をお勧めすることはありません」との事です。
さらに今なら、無料見積もりのところが500円相当の商品券を進呈しています。

窓を開けよう

 カラっとした暑さの時や駐車してたために車内の温度が上昇している時には窓を開けますよね?

 今日はいつもの自動車保険ではなくて、普通に自動車の運転している時などに役立つ知識を教えます。

 さて、窓の開け方ですが、俺の一番のオススメの開け方は、
自分側の窓を後ろも含め完全に閉めて、助手席とその反対側だけ開けると言う物です。

 このように開けると風がすぐには出て行かず車内を駆け巡るので、気持ちい風が入ってきます。

 この注意点は自分が居る方の側の窓が少しでも開いていると、そこから風が通り抜けて逆に弱く感じられますので止めた方がいいですね。

 かなりいい感じなのでお試しアレ

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。